光脱毛のしくみについて

光脱毛とは、毛根に強い光を照射することによって細胞に熱を加え、その熱で細胞を破壊することで脱毛効果を得られる方法です。レーザー脱毛も光脱毛の一種ですが、レーザー脱毛は医療機器を使用するためエステサロンなどでは使用できず、光脱毛とは区別されているのが一般的です。よって、フラッシュ脱毛などレーザー脱毛以外を光脱毛と呼んでいるようです。

 

エステサロンで使用できるフラッシュ脱毛とは、レーザー光の変わりにキセノンランプを使用しています。キセノンランプとは高圧放電管のことで、瞬間的に非常に強い光を放出します。一般にはカメラのストロボに使われているのと同じ物です。脱毛のしくみは、毛根に強い光を照射し、細胞に熱を加えることで毛母細胞を破壊します。

 

脱毛処理後1週間ほどで毛が抜け落ちますが、しばらくすると再び毛が生えてきます。しかし、生えてきた毛は最初の毛よりも細くなっているので、さらに脱毛処理を繰り返すことで毛を細くしていき、最終的には毛が目立たなくなります。フラッシュ脱毛などの光脱毛はレーザー脱毛のように永久脱毛ではないので、毛を目立たなくする脱毛処理と考えた方が良いでしょう。

 

また、効果を高めるために高周波脱毛などと組み合わせて使われているのが一般的になっているようです。